読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアの備忘録

仕事や趣味でのトラブルシューティングの備忘録

iPhone/NexusテザリングにRaspberry PiとPCを接続して、Raspberry Piコンソールを操作する

Raspberry Piを使うときは、Raspbery Piを室内のLANに接続し、同じLAN内にに接続しているPCからTeratermでログインして使っています(Raspberry Piのモニターなし、CUIで使用) これだと出先ではアクセスできないことがほとんどなので、iPhoneやNexusのテザリングを使ってPCからRaspberry Piにアクセスしています. 今回は、その設定方法をメモします.

動作環境

ハードウェアは Raspberry Pi 2 ModelB + WLI-UC-GNM(WLAN USBアダプタ)

WLI-UC-GNMは使っていてトラブルもなくおススメです. Raspberry PiのOSはRaspbian Wheezy

IPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイの確認

iPhone/NexusのテザリングをONします. PCを接続してIPアドレスサブネットマスクデフォルトゲートウェイを確認. Windowsだとコマンドプロンプト立ち上げて ipconfigと入力すれば確認できます.

f:id:AngusYoung:20151201204726p:plain

Raspberry Piの設定

/etc/network/interfaces /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf を変更します。 まず、元のファイルは保存しておきましょう。

sudo cp /etc/network/interfaces /etc/network/interfaces.original
sudo cp /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf.original

/etc/network/interfacesを変更します. 今回はaddressはPCで確認したアドレスの最下位bitに1加えたものにします. netmaskとgatewayはPCで確認したネットマスクとゲートウェイを入れます. networkはPCで確認したアドレスのホスト部を0にしたもの、broadcastはホスト部を255にしたものにします.

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confを設定します. スマートフォンの設定をそのまま書きます.

(最後に接続した設定が優先されるようなので、他の設定を残しておくと、そちらに接続してしまうことがあります.)

/etc/network/interfaces, /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confを変更したら、Raspberry Piをrebootします. スマートフォンテザリングを有効にしれていれば、Raspberry Piがスマートフォンに接続されます.

Teratermで指定したアドレスにアクセス

PCもスマートフォンに接続したら、TeratermでRaspberry Piにアクセスできます. TCP/IPのホストにRapsberry Piの/etc/network/interfacesで設定したaddressを入力して、OKをクリック. これでスマートフォンテザリングを使って、Raspberry Piにリモートログインできます. f:id:AngusYoung:20151201204925p:plain

f:id:AngusYoung:20151201204934p:plain